ハロウィン & クリスマス ウィンターシーズンのお手軽インテリアコーディネート

こじか
大変ですよ!

どうしました?
とうぶ

こじか
今週末ハロウィンですって!

そうですね。そんな季節ですね。今年も
とうぶ

こじか
何をのんびりしたことを言ってるんですか。もう今年も残りわずかですよ。ついさっきまであんなに暑い日々だったような気がするのにいつの間にハハ ハロウィンですよ。残すところハロウィンとクリスマスと大晦日で終わりですよ2020年!オリンピックはどこ行った!

確かに早かったですね。特に今年は家にいる時間が長くて、なんか消化不良なところもありますよね。
とうぶ

こじか
2020年はコロナの年だったって思い出だけで終わっちゃうの悲しいよ〜

まあまあ、おうち時間で見つけられたいいこともたくさんあったじゃないですか。家族との時間、自分の趣味の時間、リモートワークで見えてきたお父さんお母さんの仕事ぶり
とうぶ

こじか
それでもやっぱり、今年は楽しさが足りない年になっちゃったな〜という思いは残りますよね。

大丈夫!これからのウィンターシーズンは一年で一番煌びやかなシーズンじゃないですか。楽しいハロウィンとクリスマスですよ!
とうぶ

こじか
でも今年はみんなで集まってパーティーとかパーティーとかなかなかできないじゃないですか。

こじかくんはパーティー大好きですからね。私はもう高齢者なのでさすがにハイリスクなパーティーは避けますが、でもね、みんなと集まるだけがウィンターシーズンの楽しみ方ではないですよ。
とうぶ

ハロウィンから始まるウインターシーズン。色合いだけでも楽しくなるデコレーションが街中に溢れます。コロナ禍の今だからこそ家の中のデコレーションに拘りたいですよね。ハロウィンはもう直ぐ本番ですが、その後のクリスマスに向けても楽しいお家の空間をコーディネートして行きましょう。そのポイントをいくつかお話ししてもらいます。

こじか
ハロウィンぽくするにはカボチャを置けと習いました。
まあ間違いではないですけど、カボチャもいろいろ大変ですよ。タネを取っておかないと大変なことになったり
とうぶ
こじか
確かに!それも経験があります。
ウインターシーズンに限らずですが、コーディネートの基本は覚えてますか?
とうぶ
こじか
色と質感と快適性ですか?
そうですね。一番わかりやすいのは色ですよね。人間はその経験から色を見ると何かを感じたり、思い出したりします。興奮する色もあれば心を落ち着かせる色もある。青色の街灯を設置したエリアでは犯罪率が減ったと言うデータもあります。そして、色の組み合わせにより連想するものもあります。例えば赤と白の組み合わせは?
とうぶ
こじか
紅白まんじゅう
日本人はおめでたいイメージありますよね?黄色と緑は?
とうぶ
こじか
毒ヘビ・・
ハロウィンといえば? 黄色と黒 クリスマスは緑と赤 のような感じです。
とうぶ

緑と赤の組み合わせちょっとワクワクしますよね。

補色関係になってる色の組み合わせは、結構意味を持つ場合が多いので、その組み合わせでシーズン感や演出をしてみるのがいいですね。挿し色程度であれば手軽にできるので短い期間だけインテリアを彩る。シーズンごとに色を変えると言うのも変化を味わえていいんじゃないでしょうか。
とうぶ

こじか
とはいえ、なかなか家具の色を変えたり、カーテンの色を変えるのは難易度が高いな・・

もちろん、そんな大物を変える必要はないと思いますよ。インテリア小物だけでもいいし、テーブルの上にランナーを敷くとかでも雰囲気はとても変わりますから。
とうぶ

こじか
でももうちょっと変わった感じも出したいんですよね・・。

そんな人はですね、クッションカバーを変えるのがオススメです。手軽な割には一気に部屋の見え方も変わります。オレンジのクッションなんてまさにオータム・ウインターシーズンにぴったりですよ。
とうぶ



こじか
私、一年中ブルーのクッションカバーだな・・。

夏はいいんですけどね。冬はやっぱり少し温かみのある色がいいですよね。クリスマスシーズンになったらグリーンのカバーに変えてもかわいいですよ。あとね、冬こそ内照式の照明や間接照明が大事です。
とうぶ

こじか
内照式、ボワンと光るスタンドとかですよね。

ハロウィンを境に急にいろんなところでキャンドル使うようになるじゃないですか?やっぱり人間は寒い時期になると温かみを感じられるキャンドルとか直火の色に惹かれるんですよね。で、まあ毎日キャンドルを焚くのも大変なので、それっぽい演出を部屋にしてあげるといいと思います。ランタン風の照明とか部屋の角に設置するタイプの間接照明とかおすすめですよ。
とうぶ

こじか
ベッドルームとかも柔らかい光があると落ち着きますよね。

日本人はどこもかしこも明るくしたがりなんですよね。ベッドルームに蛍光灯がついてるのは日本くらいなんです。高度経済成長期の"明るいこといいことだ!"と言う風潮の名残りですね
とうぶ

こじか
あ、でもわたし、ホテルとかで照明が少ないのそんなに好きじゃないかも。なんか暗くて。

日本でもなぜかホテルだけはシーリングライトがついていない。そしてユニットバスが多い。

ベッドルームのコーディネートのポイントはずばり枕カバーとブランケットそして間接照明ですね。
とうぶ

こじか
リビングのポイントと大体同じですね。でもベッドルームって人に見せることもないからそんなにこだわる必要あるのかな?

いやいやいやいや、ベッドルームは一番長く時間を過ごす部屋ですよ。その部屋が心地よかったら、人生の幸せ度が上がるんですよ。ベッドルームこそ大事です。
とうぶ

こじか
なるほど、まあ、なんか寝てる時間が多いからあまり重要じゃないような感じもしましたが、確かにホテルでも家でもベッドルームが素敵だとテンション上がりますもんね。

で、あまりみなさん考えることのない、インテリアとしてのブランケットを季節の色でかけてあげるととても素敵になります。
とうぶ

こじか
確かにかわいい。あまり季節でコーディネート変えることがない部屋だから新鮮な感じもしますね。

ホテルの部屋って必ずシーツがビシッとメイキングされてるじゃないですか。あれはやはり大事なんですよ。綺麗なベッドメイキングはテンションも上がるし充実感も与えてくれますからね。
とうぶ

こじか
高級ホテルだとターンダウン(ベットを寝る体制に整えてくれる)してくれますよね。寝る瞬間までプロデュースされてるんだなと感じることがあります。

いかに人間が目から入ってくる情報が大事かと言うことだと思います。色も質感も整ってるとより快適さを感じることができるんですよね
とうぶ

こじか
私もこれから毎日ベッドメイキングしようかな。

あ、ズボラさんにはちょっと厳しいと思うので、まずは枕カバーを変えてみるところから始めてみたらいかがですか?
とうぶ

 

 

 

© 2021 東部照明